盗聴チェック

盗聴は他人事ではなく、身近で起こる問題です。

しかし盗聴器は「盗聴器です。」と主張していては目的を果たすことができないので、当然他のモノへと偽装されていたり、目に触れないところへ隠されていたりするものです。実際にその存在を認識できれば、恐怖を感じたり、対策を講じようとするのですが、見えていないものに恐怖を感じるのは、どんな人間でも難しいものです。

「盗聴されているかもしれない。」という危機感が持てない方のために、いかに盗聴器が仕掛けられやすい状況であるかや、盗聴器が仕掛けられている際に起こりうる現象を挙げました。

当てはまるかどうか、チェックしてみましょう。

3つ以上心当たりがあった方は、今現在盗聴の被害にあっているのかもしれません。
上記のチェック項目は、外的な盗聴の危機に対する項目です。外からの盗聴者とは別に、家族が他の家族の行動を知りたいと盗聴器を仕掛けている場合もあります。



ページの先頭へ